ミニマリストと呼ばれたい

断捨離と無駄排除に勤しむブログ

月1以上使わないモノは買わずに代用

義両親・義妹家族との 飛騨高山旅行記でも書こうかと思いましたが、私には行ってみたいなーと思わせるような記事は書けそうにありませんのでザックリと・・・


f:id:haru501227:20160522212835j:plain

 

f:id:haru501227:20160522213003j:plain


f:id:haru501227:20160522213051j:plain


f:id:haru501227:20160522213131j:plain


一日目は白川郷を重点的に回り二日目は飛騨高山の古い町並み周辺を散策


団体行動なので時間通りにはうまく行きませんでしたしトラブルにも見舞われましたが、私は食べたい「飛騨牛ひつまぶし」を食べ、行きたい「宮川朝市」へは行けましたので

 

あれだけ嫌だった旅行ですが、終わってみれば楽しかったという事にしておきます


義理家族と行く旅行なんて気の遣いっ放しで絶対に楽しくないと思っても、何かしらの楽しく出来る手段はあるのだなと今回の旅行でわかりました←私は事前に旅行で叶えたい事を伝えるという手段で楽しくなりましたー


しかし、ホテルの手配からプランまでは全てこちらに丸投げなので叶えられて当然のはずなのですが、今回の旅行で初めて叶えられたというまさかの事実

 

 そして、肝心の露天風呂は地下と屋上の2箇所にありましたので、事前の打ち合わせ通りに義母は屋上から私は地下の温泉からと別々に入り、お風呂で裸のお付き合いをすることなく合計3回も温泉に入り満喫←義妹は体調不良で温泉には入らず

 

裸の付き合いだけはこの先も勘弁してほしいですw

 

スポンサーリンク

 

今回の義両親・義妹家族との飛騨高山方面への旅行は全て車での移動でしたので、家族分全ての荷物を大きな旅行鞄にまとめました

 

大雑把な性格とは言え鞄の中身がぐちゃぐちゃになるのは嫌ですから、我が家のお役立ちグッズ「何でも袋」を使って家族それぞれの荷物を分けました

 

f:id:haru501227:20160426132719j:plain

haru501227.hatenablog.com

 

息子の分は息子専用のスポーツ鞄 に、私は何でも袋の大、旦那様は何でも袋の小に荷物を入れました↓

 

f:id:haru501227:20160519172248j:plain

 

いやー、何とも生活感溢れる現実的な仕上がりで申し訳ないですが、年に1~2回の旅行の為だけには旅行用仕分けバッグとかは買うつもりはありませーん

 

月1回は必ず使うモノであれば迷わず買うかもしれないんですけどねー

 

次は家族三人で旅行したいものです

 

スポンサーリンク

 


にほんブログ村