ミニマリストと呼ばれたい

断捨離と無駄排除に勤しむブログ

トイレの床一新、築年数が進むほど美しく

綺麗なお宅を訪問すると、しばらくはいつもよりも掃除を念入りにしたり何かしら考えます

 

つい先日訪問した友人宅で影響を受け、気になっていた取れないシミがあるトイレ床をどうにかしたくて自力でプチリフォームをいたしました

 

haru501227.hatenablog.com

 

どうやってやればいいのか?今はネットですぐに調べることができますので、後は自分の行動力のみです

 

自分が快適に暮らすためには、快適になるように自分が努力するしかないのですからね


我が家は築10年になりましたので、あちこち劣化も感じられますが・・・


築年数が進むほどに綺麗を目指していきたいんですwww

 

スポンサーリンク

 

トイレの床ですが・・・貼り替えるなんて考えただけで面倒くさいですが、気になりだしたらどうしようもない性格ですので

 

やろう!と思い立った時間がすでにホームセンターが閉まりかけの時間ではありましたが速攻床材を買いに行き、呆れる家族を横目に夜な夜な作業を開始いたしました

 

①元々ある古い床材を剥がす→②剥がした床材を元に新しい床材に型を取る→③新しい床材を仮置きし微調整し、両面テープor接着剤で張り付けていく→④コーキング剤がついて欲しくない箇所にマスキングテープを貼り、隙間を埋める

 

というような工程で完成です・・・書くと簡単ですね、実際ネットで調べた時にこれなら私にも出来るかも?と思いましたもん

 

ただ、元々の床材を剥がしかけた時にすでに私は自分の行動を後悔しました

 

元々の床は接着剤で貼り付けてありまして、それがまた強力で床材がなかなか剥がれずありったけの力を込めて剥がしましたので爪がイカレましたし・・・翌日は指痛になりましたから(汗)

 

なので、今後また貼り替えるだろう機会を想定して今回は剥がしやすそうな両面テープでの施工を選びました

 

しかし、大雑把な性格なので新しい床材を貼り終えたトイレの雑さを見て愕然としまして・・・時はすでに夜の11時過ぎで家族はすでに寝静まっていましたが、完成具合に納得いかずもう一度剥がし貼り直しました

 

やり直してもやはり素人、出来上がりもTHE素人を感じる仕上がりですが・・・シミがなくなり綺麗さは格段にこちらの方が上です

 

ビフォー

f:id:haru501227:20161004105344p:plain

 

アフター

f:id:haru501227:20161024105742p:plain

 

お金はかけたくない、人に頼りたくない、そしてズボラなくせに自分は結構何でもできるという変な自信がある人間なので少々厄介なのですが

 

たまにはそれが、今回のように良い結果を生み出すこともあるもんです

 

次回はトイレのプチリフォームにかかった費用とその過程の記事でーす

 

スポンサーリンク

 

 


にほんブログ村