ミニマリストと呼ばれたい

断捨離と無駄排除に勤しむブログ

去らばカーテン

寝室の厚手のカーテンを撤去した数日後・・・

 

haru501227.hatenablog.com

 

急に朝晩だけ秋の風を感じるようになり、夜中に冷房を止めて窓を開けて眠れる日があった

 

朝の陽射しを不快に感じるか、問題なく予定の起床時間まで眠れるか・・・私ではなく、家族の意見が尊重される部分

 

朝の5時過ぎの陽射しが気になる前に起床する私は、カーテンがあろうがなかろうが関係なしだもんw

 

スポンサーリンク

 

シャッターを半分降ろした状態で窓を開けて眠り、家族全員が起床した6時45分ごろに撮影(布団はぐちゃぐちゃだったから手前に蹴り倒して隠したw)

 

f:id:haru501227:20170829094540j:plain

 

たまたま陽射しが弱い日だったのか?夏も終わりに近付いているからか、これからはこんな陽射し弱い朝なのか?

 

分からないけれど、そこまで眩しさも無く家族も私が起こすまで普通に眠ってた

 

これは厚手のカーテンを手放せるなと確信したので家族にそう伝えたら・・・

 

アレルギー持ちの息子の為に月一で洗っているカーテン、その大変さを知ってか知らずか「えー、カーテンもう無しなん?」と旦那様に言われた

 

反対している風な言い方でも無かったので、家族の意見が尊重されるべき部分と言いつつ、私はもう取り付ける気はない(爆)

 

カーテンも、仕舞っていた場所からすぐにどうにでも出来る場所に移動させた

 

f:id:haru501227:20170829094814j:plain

 

レースのカーテンはやはり必須だと思うが、シャッターが付いている部屋では厚手のカーテンは不要

 

何となく窓にはレースのカーテンがあって、厚手のカーテンがあって、そんな風に思わされていたけどそんなことは無い

 

という事で、私の仕事が一つ減った、アレルゲンもまた一つ減った

 

しかし、カーテン撤去により気になる所が出てきた

 

自分の中でのより良い暮らしというのを求めると、終わりはずっと見えないなw

 

スポンサーリンク

 


にほんブログ村