ミニマリストと呼ばれたい

断捨離と無駄排除に勤しむブログ

「これ捨てるよ」という確認も時に不要

息子のスマホAndroidからiPhoneに機種変更したことによって、今まで使っていたAndroid用の充電器↓が不要になった

 

f:id:haru501227:20170325153712j:plain

 

この充電器を捨てる、譲るで旦那様と言い合いみたいになった

 

私達の夫婦喧嘩には何故か必ず義両親が関係してくるんだよなー

 

スポンサーリンク

 

義両親はAndroidスマホを使っているけど、充電するのは1週間に1度でも十分なくらい使用頻度が低い

 

LINEの即既読は見込めないし、電話をかけても出ない事が多い

 

典型的なスマホを使いこなせない年代だな

 

何度もブログには書いてきたけど、将来を見据え一つでも多くのモノを手放して欲しいくらい義実家は家の中がモノだらけ

 

そこにこの充電器一つと言えども、そこまで必要でないモノが増えようとしている

 

私には数か月後に埃まみれになったこの充電器の姿が安易に想像できる

 

もしくは数年後にこの線って何だったかな?と言っている義両親の姿が想像できる

 

親切心から捨てると言っている私に対して、捨てるのが勿体無いという理由だけで安易に渡す旦那様の考え方にいつになくイライラした

 

他人ならどーでもいいけれど毎週会うくらい濃密な関係にされてしまっているので、何かあれば私も手を貸さずにはいられない

 

家の片付けとかね、大変よ

 

何があっても私は知りませんと割り切れると楽だけど、残念ながらそう言えない性格

 

そんな中、我が家に来た義父があっさり充電器を手にして帰った

 

旦那様に負けた感半端なくモヤモヤするけど、もし義実家に行く機会があれば充電器の存在をチェックしようと思うw

 

そして・・・

 

「俺も充電器が埃まみれになってる姿が想像できる」って旦那様も充電器をあげた後に言ってた

 

その言葉に超イラついたのは言うまでもない(爆)

 

これ捨てるよ、という確認をせずに捨てなければいけない事があるっていうのも学んだ日だ

 

haru501227.hatenablog.com

スポンサーリンク

 


にほんブログ村