ミニマリストと呼ばれたい

断捨離と無駄排除に勤しむブログ

炊飯器は無いが、昭和初期のような暮らしは向いてない

モノは増やしたくないですが

 

便利なモノは大好きです

 
常に楽をしたい
 
そう考えているズボラですから
 
電子レンジはこの世になくてはならない存在
 
そんな風に思っています
 
ボタンを押すだけで食べ物が温められる
 
すごいことです
 
モノは持ちたくないけれど
 
テレビや冷蔵庫がない
 
箒で掃除する
 
そんな昭和初期の様な暮らしは私には無理です
 
電子レンジを手放したという人を見て
 
私も挑戦だ
 
ではなくて
 
こんな便利なものを手放すとは何者?
 
そう思ってしまいました
 

スポンサーリンク

 

 
そんなズボラな私ですが
 
我が家には炊飯器がありません
 
手放したのではなく、所持した事がないのです
 
ご飯は普通の鍋で炊いています
 
f:id:haru501227:20150418151258j:plain
 
 ご飯炊き専用の鍋ではないので
 
この鍋で煮物やスープを作ることもあります
 
ご飯を炊くだけしか出来ないのなら
 
炊飯器と同様
 
無駄だと思ってしまうんです
 
ちなみにしゃもじではなく
 
大き目スプーンでご飯をよそいます
 
一つのことにしか使えないものは必要ないのです
 
スプーンなら別用途があり
 
時にはおたま代わりになる事もあります
 
大き目スプーン、便利です
 
そんな事を言いながらも
 
お箸もスプーンも手放して
 
最終的には「手食」
 
それも無いことはない
 
なんて馬鹿げた妄想をすることもあります
 
そんなことよりも
 
炊飯器って便利なんだろうか
 
それすらもわからないんですが(笑)
 

スポンサーリンク

 

 
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(持たない暮らし)へ
にほんブログ村